パントマイムの愉しみ〜Burlesk-O-Futuramaを終えて〜

2015年5月19日 - 11:13 PM by むらた

昔の作品を再演するのは楽しい。
押し入れの奥から引っ張り出して埃を払ったり、油を注したり、繕ったり。
創った時の彩りはすっかり褪せていて、一度凹む。

同じ色にはもう二度とならないそれを今のからだで染め直す。
勢いとパッションで弾けるような、溌剌としていた色は褪せ、年月と今のからだを含んで染め上がる。
時間を経たことで本質がくっきり浮かび上がってくることもある。

5/16はバーレスクの祭典、Burlesque-O-Futuramaにてマイム小品「ストリップティーズ」を数年ぶりに上演しました。

 
バーレスクに特化したイベントの中にあることで作品の意図がより濃く浮かび上がる構図になったような気がします。

思いがけずたくさんの感想を頂きました。

普段は仮面や人形と共に演技する機会の多い私にとって、ホームグラウンドである筈のパントマイム直球勝負の作品を上演することは嬉しい反面、とても怖いことでもあります。

人形や仮面と共に演技することももちろん、怖いです。が、怖さの種類が違うのです。在り方、が近いようで遠い、遠いようで近い…ようで全然違う。

不安の中で迎えた本番。
内にこもらず、丁寧に。それだけを心掛けました。

最後の暗転の中、客席の音と空気を感じて、心の中で小さくガッツポーズをしてしまいました。

パントマイムは演じる「私」と観る「あなた」との間に像を結ぶ芸術だと私は思います。

私の想像力と創造力、あなたの想像力と創造力が長く長く手を伸ばしあってその指先に触れた刹那に映し出される、無数の絵物語。

そんな醍醐味をあの日、あまりパントマイムを知らない方々にも感じてもらえたような気がして、とても嬉しかったのです。

10年前に上演したソロマイム公演「よるべない女たち」を、今のからだでもう一度染め直してみたい、と思っています。

yorube0131s

 

photo by KINOASA
Burlesk-O-Futurama

豪華絢爛な客席と舞台、着飾った人々、粋なミュージシャンにボードビリアン、かわいくて図太くてうつくしい女たち。

御来場くださったみなさん、企画のBAPS JAPONさん、MCから構成から裏方から表方まで八面六臂の大活躍だったCherry Typhoon、ほんとうに沢山のスタッフの皆様、お久しぶりや初めましての共演者の皆様、ありがとうございました。

 

さて、まだ再演ラッシュは続きます。

6/14(日)にはパルテノン多摩にてクラリネット奏者の中秀仁さんのオリジナル楽曲と共に「よるべない女たち」より「黒い帽子」を。

⚫︎第二回「クラリネットのたのしみ」

日時:6/14(日)13:00開演

会場:パルテノン多摩 小ホール

入場料:一般1500円・小中高生無料

http://www.parthenon.or.jp/music/2424.html

6/20(土)にはliquidbiupilさんの光と液体の映像と共に「玉姫遊戯」を。

こちらは十年ぶりに上演する演劇的パフォーマンス作品です。

⚫︎ネクラロマンチカ〜写真室の誘惑〜ネクラロマンチカはサイケデリックな夢を見るか?

日時:6/20(土)

会場:音楽実験室 新世界

開場18:00 開演19:00

料金:前売3500円 当日4000円(共に+1drink)

http://shinsekai9.jp/2015/06/20/nekura6/

なぞなぞアリス

2015年5月13日 - 10:59 PM by むらた

4/12の米澤一平プロデュース【Alice Liddell Riddle vol.1〜ウサギ穴〜】より。

タップの米澤一平、人形遣い長井望美、マイムのバーバラ村田の三人がそれぞれの材料を持ち寄って「不思議の国のアリス」の世界を料理する、そんな企画でした。

会場はお馴染み、四谷三丁目の総合芸術茶房喫茶茶会記。

茶会記の小さな空間にみっしりと詰め込まれたお客様はほの暗い明かりに導かれ、ウサギ穴に迷い込んだアリスさながらにひとときの不思議の世界を体験するのです。

photo by Bozzo

 

 暗闇に浮かび上がるウサギ 
  散らばってゆく紙や文字  
  

   
  

穴に落ちた少年

 

  
  
大きなウサギ  
タップを踏む痩せウサギ  
アリスの涙   
 

ケモノたちのコーカスレース

 

 アリスの謎がしっとりと濃密に染みてゆくような一時間でした。

 

バーバラマイムワークショップ五月

- 10:17 PM by むらた

告知が遅くなりました。今月は夜クラス一回のみです。

【バーバラマイムワークショップ】
5/20(水)18:30〜20:30

原宿 CLUB PETU
渋谷区神宮前1-15-2 B1
参加費:2500円

【概要】
すぐ近くにあるのに、実はよく知らない自分のからだで遊ぶ二時間。
運動音痴、不器用、引っ込み思案、大歓迎。私もそうです。毎回その日のメンバーに合わせて進めてゆきますのでご安心下さい。
スローモーションやストップモーション、人形振りや壁など、基本的なマイムテクニックを通じてそれぞれの体や動きにアプローチしてゆきます。

体ひとつで森羅万象・喜怒哀楽を表現したり、様々なキャラクターを演じ分けたり、時には時空をも越えてしまうマイムという表現方法。
私はそんなマイム表現に限りない可能性と魅力を感じています。
日々からだを動かしている人もそうでない人も、表現に携わる人もそうでない人も、それぞれのからだを自分のペースで探検してゆき、「こころ」と「からだ」の表現の可能性を発見するワークショップです。

どんな人にも美しい瞬間が、その人だけが持つからだのドラマがある。
それぞれに骨格の違い、筋肉の違いがある中で、それらをていねいに動かすことによって生じる劇的な瞬間。
それを掘り起こし、知り、感じることは少しだけ、生きてゆくための力を逞しくするのではないかと思っています。

一緒に遊びましょう。ご参加お待ちしております。

バーバラ携帯の不具合について

2015年5月3日 - 6:14 PM by むらた

おそらく一カ月〜二カ月ほど前からバーバラ村田の携帯に不具合が起きております。

圏外や機内モード、充電切れなどの場合にお掛けいただくと「この電話番号は現在使われておりません」というアナウンスが流れます。

SoftBankで調べたところ、iPhone本体の不具合らしいのですが、他に例がないらしく、解決までに時間が掛かりそうです。

電話が繋がらない場合はメールにて一報頂けますとありがたいです。

ご不便をお掛けして申し訳ありませんがよろしくお願いします。

唐桑のこと

2015年4月4日 - 2:28 AM by むらた

先日はイオンモール浜松でパフォーマンスさせて頂きました。

そこで久々にご夫婦揃ってお会いしたのがヨネさん&Kappaさん。
ヨネさんは四年前の東日本大震災の直後に「お茶っこ芸人プロジェクト」を立ち上げ、気仙沼の唐桑町の支援活動を行っていらっしゃいます。

寄付された端切れや和装小物を箱詰めするおふたり
IMG_0416

初めてお会いしたのはおそらく十年くらい前?ご主人のKappaさんが静岡で私のショーを気に入って下さり、地元浜松での出演の機会に奥様のヨネさんを連れて来て下さったのでした。
その後ご夫妻は今はなき渋谷「青い部屋」などにも足しげく通い始め…静岡、大須、上野、浅草…様々な場所でお会いするようになり。
大道芸やライブハウスのパフォーマンスにすっかりハマってしまったヨネさんでしたが、そこで築いたネットワークをフル活用して唐桑に定期的にお茶と芸人と端切れを届け続けて早四年。(端切れは手芸材料です。)

私がお茶っこ芸人プロジェクトに参加したのは2012年の12月のことでした。
実は私はこの時のことを何度か書こうとしては挫折していました。
あの時に見たもの、感じたことはあまりに大きくて、大きくて、大きくて、言葉にしようとすると、捉えようとすると捉えられて飲み込まれてしまうようなのでした。
ここに、去年の3月11日に書いたものがあります。

三月十一日に寄せて

携帯で三月、と打つと、三日、と並んで十一日、と予測変換が出ることに気付きました。
それほどまでに刻み込まれている日付け。それ以前と以後に、くっきりと線が引かれてしまった時間の切れ目。
あれから何度か、津波や原発事故の被害に遭った東北の町を訪れました。
今日はそのうちのひとつ、唐桑半島でのお話。

2012年12月、私は「お茶っこ芸人プロジェクト」という企画で唐桑半島に向かった。
「お茶っこ芸人プロジェクト」の主催者は米原小百合さん(通称ヨネさん)。震災直後から定期的にボランティアスタッフ、パフォーマーと共に唐桑を訪問し続けていらっしゃる方。
主宰ヨネさん、強力助っ人マチルダと共に早朝東京を出発し乗り換えること十回。道中スタッフ敦子さん、寅くん、お菓子研究家きみえさん夫妻が合流し、一関、気仙沼を経て拠点となる唐桑ユースホステルに着いたのは夜の九時を回る頃だった。
海の気配はすれど辺りは真っ暗。
宿の食堂に掛けられた大漁旗の前にはヨネさんときみえさんが送った大量の段ボール箱が積み上がっている。
ヨネさんの段ボールには支援者の方から送られた大量の端切れ、毛糸などの手芸材料。
きみえさんの段ボールにはきみえさん&マチルダ作のカップケーキに色とりどりのデコレーション材料。
私が送った大きなトランクの中にはラビットにピエール、ドレスにバルーン。
全員総出で仕分けや準備を終え、波の音を聴きながら眠りについた。

早朝、低く長い唸り声のような音で全員が飛び起きる。

初めて聴く地鳴りの音だった。

まさしく地中深くから迫って来るような、不気味な音。
揺れは小さかったものの、到底太刀打ち出来ない自然の恐ろしさの一端に触れ、ここに住む人たちは幾度となくこの何十倍、何百倍の恐怖に晒されたのだと思うと余りの途方もなさに言葉もなく。
朝日がのぼり、部屋の窓から見下ろした海はその恐怖とは裏腹に穏やかに輝いていました。

車で宿を出発し、これから向かう仮設住宅に住む方々の住んでいた地区を回る。

海からの距離に比例しない津波の跡。手前の家は残っているのにその奥は全て流されている。
長い長い幾本もの腕が海から伸びて来たかのように、水の跡は海から遠く離れた場所にまでくっきりと残っていた。

復活したばかりの牡蠣小屋。
移転候補地がやっと決まって工事を始めたら遺跡が出てきちゃって工事がストップしている、という高台。

午前の会場である小原木小学校仮設住宅に到着。こちらは六畳間に台所の付いた、小さな集会室。
ちゃぶ台を寄せて片側に演技スペースを作り、反対側にお菓子のデコレーションコーナーを配置。
準備中にも三々五々住人の方々が訪ねて来ては楽しそうに端切れを選んでゆく。
そのうちの幾人かが残って下さった。

寅ちゃんとラスボスヨネさん。唐桑ユースホステル前にて。
IMG_2082

やっと続きを書きます。

このころはお茶っこ芸人の催しに足を運んで下さる方の殆どは端切れが目的で、そのまま帰ってしまう方も多かった。
(今は大分変わって来ているようです)
この日は2、3人のご婦人が残り、集会室に上がって下さった。
クリスマス直前だったのできみえさん&マチルダが焼いたカップケーキに手作りのデコレーション材料で皆さんにケーキを飾ってもらおう、という主旨だったのだがみなさんシャイで、なかなかケーキデコレーションには手が伸びない。
マチルダが会話の糸口を探りつつデコレーションを薦める。
お茶を飲みながらケーキを飾りながらお互いの緊張がすこーしほどけてきたところで、バーバラビットの出番。

当初はさすがに六畳間の片隅でいつもの長さのショーをやるのは無理だと思い、場の状況を見てやれることをやろうと思っていた。
六畳間を出て台所でラビットになる。音楽をかける。
大きなトランクを抱えて六畳間にラビット登場。みなさんの目がまんまるくなった。

気付いたらラビットの物語が終わっていた。
一番前にいた、とってもシャイなお婆さまが目を細めて手を叩いていた。

午後は小原木中学校集会室へ。
こちらで地元のお母さん方が作って下さったお昼ご飯をたらふく頂く。
食べながら津波が来た時の話を聞いた。
あの日、高台に避難して、翌日戻ったら辺り一帯、何もなくなっていたこと。
「後ろ向いても何にもないから。ぜーんぶ流されちゃったから。前を向くしかないんだ。」
と言った。
ご飯は本当においしかった。地元でとれたわかめや野菜や魚を使った地元の普通のごはん。
薦められるがままに食べていたら全員おなかがはちきれそうになった。
寅ちゃんとマチルダは最早起き上がれなくなっていた。
私はかなりセーブしていたつもりがコルセットが締まらなく…なりそうになりましたが何とか締め上げて、お茶っこ午後の部スタート。

こちらの集会室はかなり広く、20人程の方が集まって下さっただろうか。
小さい子も大きい子もお母さんもおばあさんもおじいさんも集まって賑やかな雰囲気。
デコレーションコーナーも盛況。
子どもたちがデコレーションしたカップケーキをお母さんが「高台移転ー!」と言いながら高い所に乗せて笑い合っていたのが印象的だった。

デコレーションの一例。
デコレーションの一例。かいじゅうたちのすむところ。

そしてショータイム。今度はひろびろと。
終演後、皆さんがデコレーションしたカップケーキを手に手に帰る頃、一人やって来た漁師のお父さんがお茶を飲みながらぽつりぽつりと昔の漁の話をし始めた。
お父さんの話は東北なまりが強くて、みんな耳を凝らして頷きながら聴き入ったけれど半分以上分からなかった。
お茶っこ一行の中で唯一の東北人、青森在住の敦子さんはきっと分かっているんだろうと思い後から訊いてみたけれど、「実は私も全っ然分からなかった!」と言われてたまげた。そんなにも違うものなのか。
内容は朧げだけれども、あのときお父さんの話から伝わって来た海や、空や、船や、漁の質感のようなものは今でも強く残っている。

この日は衆院選前日だった。
ホステルに戻り翌日の準備を終えた後みんなでこたつで、夜遅くまで話していた。
政治のこと、選挙のこと、歴史のこと、教育のこと。十代から五十代まで、様々な立場と職業の人間が今、感じていることを真摯に話していた。これから起こることへの、不安と希望。震災後初めての衆院選前夜。

翌日は障害者施設、高松園さんへ。
大きな教室にいっぱいのお客様が待っていてくださり、大盛況のうちにお茶っこ最後のショーが終わった。

帰京の途につく前に、きみえさんご夫妻、マチルダと共に唐桑半島の名所・折石へ。
三陸大津波の際に先端が2m折れたという大理石の柱はそれでもなお16mの高さで険しい岩場にすっくと聳えていた。
IMG_2112
海は静かだった。
IMG_2106

みんな無言で、それぞれに海を見ながら長く長く手を合わせていた。
IMG_2102

折石のすぐそばの高台にあるドライブイン、海岸亭で食事。牡蠣フライに生牡蠣に牡蠣ラーメンの牡蠣尽くし。牡蠣小屋が再建されて育ち始めたばかりの牡蠣はまだ小さいけれど味が濃く、海の香りをたっぷりと含んでいた。
IMG_2114

こちらの海岸亭は震災後長らくボランティアの拠点として宴会場を提供し続け、ご主人は屋台を引いて避難所でラーメンを作り続けたそうだ。
この後海岸亭はボランティアや観光客の激減でやむなく移転、移転後の店舗も今年の始めに閉店したと聞いた。
もう、あのラーメンは食べられない。

ヨネさんからは毎月お茶っこ通信が届く。

 

 

 

震災後、たくさんのボランティアでのパフォーマンス派遣事業が立ち上がり、私の所にもたくさんのお誘いを頂きました。

私にも生活があり、全ての依頼を受けることは出来ませんし、全てを受けることがよいこととも思えませんでした。

受けてみたものの疑問の残る終わり方をしたものもありました。
迷いながら、悩みながら選ばざるを得ない中、決して条件がいいとは言えなかったヨネさんのお茶っこ芸人プロジェクトに参加することを決めたのは、一言で言えばこの人のやっていることならば信用出来ると思ったからでした。
行動的で、キャラが濃くて、なんなら時にはこちらが引いてしまうくらい押しが強いこの人に押されつつも話しあってゆく中で感じたのはとてもシンプルな信念でした。
行きたいから行く。会いたいから行く。見せたいから、連れて行く。

あの頃あんなにたくさんあったパフォーマンス派遣事業は年々少なくなり、今も継続的に行われているものはほんのわずかです。

当初「1年か2年…自分のお金が続くまで。」と言っていたお茶っこは少しずつ支援者も増え、今年で四年目になるようです。

長く関わり続けることによって出会わざるを得ないやるせなさや悲しさも全部飲み込んで、家族も巻き込んで、素敵な芸人をハントして、ヨネさんは今月も唐桑に会いに出かけてゆきます。

イメージ

 

出演情報(4.5.6月)

2015年4月2日 - 12:43 AM by むらた

現在決まっている出演情報をお知らせ致します。
4、5、6月と立て続けに珍しい企画や作品を上演させて頂く機会に恵まれました。
稽古や創作作業は大変ではありますがひとつひとつ、鮮やかに咲かせて参ります。
くるくると忙しい三ヶ月になりそうです。
また、久しぶりに福岡や新潟にも参ります。
お見逃しなく。

4/12(日)
米澤一平プロデュース
【Alice Liddell Riddle】 Ⅰ.ウサギ穴

http://ameblo.jp/konoashi-tomare/entry-11998930160.html

会場:四谷三丁目 綜合藝術茶房 喫茶茶会記
(新宿区大京町2-4/03-3351-7904)

http://gekkasha.modalbeats.com

開演:15:00
料金:予約3000円/当日4000円(限定20名)
出演:米澤一平(TAP)、長井望美(人形遣い)、バーバラ村田(マイム)
*越境するタップダンサー米澤一平が不思議の国のアリスの世界を様々なパフォーマーと共に創作する連続企画第一弾。
今回はタップ、人形、マイムの組み合わせでお届けする体感型アトラクション。
初顔合わせの三人で共同創作をしております。
バーバラの世界の住人たちも一平的アリスの世界でお待ちしています。限定20名様ですのでご予約はお早めに。
t02200303_0696096013238780192

5/2(土)~6(水)
博多 キャナルシティ

http://canalcity.co.jp

出演:スコビルズ、Dominic&Karen、しょぎょーむじょーブラザーズ、張海輪、望月ゆうさく、ユキンコアキラ、バーバラ村田
*お久しぶりのキャナルシティです。今回はフェスティバル。せっかくの機会なので幾つか作品を持って行こうと思っています。九州上演の機会は時々ありますが、色々な作品をお見せできることはあまりないのでこの機に是非。
あとせっかくの長期滞在なので美味しいもの知ってたら教えてください。

5/16(土)
Baps Japon五周年記念イベント「Burlesk-O-Futurma」

http://www.bapsjapon.com

会場:東京キネマ倶楽部
(台東区根岸1-1-4/03-3874-7988)

http://www.kinema.jp

出演:Erochika Bamboo,Miss Cabaretta,Cherry Typhoon,紫ベビードール、バロン、マダム•レジーヌ、バーバラ村田 他
*豪華絢爛!バーレスクの祭典!こんな煌びやかなダンサーの面々の中で私、どこまでも脱ぎます。是非。

5/23(土)新潟 瑞雲寺

http://www.geocities.jp/tochio_zuiunji/

*ひょんなご縁で出会ったご住職、石田さんのお招きで参ります。

5/31(日)狭山市 富士見公民館祭り
*昨年に引き続き!出演は13:30又は14:00からの予定です。

6/20(土)
ネクラロマンチカ〜写真室の誘惑〜第六幕

https://www.facebook.com/NecraRomantica

会場:六本木 音楽実験室 新世界
港区西麻布1-8-4 三保谷硝子B1
(最寄り駅:日比谷線六本木駅2番出口)
TEL:03-5772-6767

http://shinsekai9.jp

開演:19:00
料金:前売予約3500円/当日4000円(ドリンク別)
出演:バーバラ村田、KIYOKO、Stella Varoballoon、レオナ、GAYA
*OHP(オーバヘッドプロジェクター)とのコラボレーションでサイケデリックにお届けします。
私は昔の作品、まだ今までに二回しか上演したことのない「玉姫遊戯」という作品を上演します。
古いお道具箱の中から取り出して埃を払ってほころびを繕って、「あ、ここ、気になってたんだ」とか「だいぶ傷んでるな…、新しくしなきゃ」などと独りごちながら、もう一度創りなおしてゆきます。極彩色中の玉姫遊戯、これを逃すと次はないかもしれません。お見逃しなく。

全てご予約は私が直接承りますが、各メールフォームからでも可能です。お待ちしております!!

バーバラマイムワークショップ四月日程

2015年4月1日 - 10:00 PM by むらた

【バーバラマイムワークショップ】
4/24(金)18:30〜20:30
4/28(火)14:00〜16:00
原宿 CLUB PETU
渋谷区神宮前1-15-2 B1
参加費:2500円

【概要】
すぐ近くにあるのに、実はよく知らない自分のからだで遊ぶ二時間。
運動音痴、不器用、引っ込み思案、大歓迎。私もそうです。毎回その日のメンバーに合わせて進めてゆきますのでご安心下さい。
スローモーションやストップモーション、人形振りや壁など、基本的なマイムテクニックを通じてそれぞれの体や動きにアプローチしてゆきます。

体ひとつで森羅万象・喜怒哀楽を表現したり、様々なキャラクターを演じ分けたり、時には時空をも越えてしまうマイムという表現方法。
私はそんなマイム表現に限りない可能性と魅力を感じています。
日々からだを動かしている人もそうでない人も、表現に携わる人もそうでない人も、それぞれのからだを自分のペースで探検してゆき、「こころ」と「からだ」の表現の可能性を発見するワークショップです。

どんな人にも美しい瞬間が、その人だけが持つからだのドラマがある。
それぞれに骨格の違い、筋肉の違いがある中で、それらをていねいに動かすことによって生じる劇的な瞬間。
それを掘り起こし、知り、感じることは少しだけ、生きてゆくための力を逞しくするのではないかと思っています。

一緒に遊びましょう。ご参加お待ちしております。

ムーランルージュ劇場in高松

2015年3月13日 - 11:20 PM by むらた

2/21、ムーランルージュ劇場in高松。マイシアター高松さんの例会で上演しました。

ムーランルージュ劇場が本州を出るのはこれが初めて。飛行機で行くのも初めて。いつも助けてくれている近くの仲間の手も届かない。イーガルと二人、よるべない気持ちでしたが、昨年から幾度か訪れていたご縁であちらこちらから助っ人登場、ありがたいやら申し訳ないやら。

会場は高松市丸亀町のレッツホール。高松大道芸でも会場になっていたエリアで、なんだか懐かしいようなホッとするような。

吹き抜けのホールにグランドピアノ、照明が映え、イーガルの音色もきれいに響きます。

こちらはリハーサル中。



いつもながらバタバタのリハーサルと仕込みを終え、満場のお客さまに恵まれての本番。

この日はとっても優しくて可愛らしいロミオをみつけてしまいました。(写真は片付け後)



こちらは終演後。





マイシアター高松のみなさん、レッツホール音響さん、照明片桐さん、強力助っ人長谷川ご夫妻、ありがとうございました!

おまけ。

翌日は帰りの飛行機を遅らせて一人電車で丸亀市へ。

駅を出たらいきなり現代美術館どどーん。



美術館のカフェで頂いた、いのくまさんのスコーン。



ご縁あって訪問したお寺さん。



夜、帰京して見たら別バージョンになっていたイーガルくん。赤いし髭。





冬の喜多方

2015年3月7日 - 8:51 AM by むらた

真冬の喜多方に行って参りました。

夏にムーランルージュ劇場を上演させて頂いた、喜多方プラザは雪の中…



そばフェスタも同時開催。



喜多方はラーメンが有名ですが、実はそば処でもあるらしいです。

宿の周りにひとけはなく、果たしてこの豪雪の中、人は来るのか…?と同行のチカパン共々心配したものの杞憂でした。プラザの中は人でいっぱい。蕎麦フェスタも大盛況。

プラザ内の会議室やホールでの大道芸上演は、入りきれないお客様が出るほど。

夜は喜多方の酒と肴に舌鼓を…最初の乾杯は地元の日本酒で、と条例で決まっているそうで。卓の上には秘蔵の酒がずらり。



チカパンも呑むよ。



初めから終わりまでずっと日本酒…の喜多方冬の洗礼を受け…

翌日は本番前にラジオ出演。ろくに喋れずすみません…



帰りはちょっと珍しい電車、風っこストーブ号で。



レトロ車内。

車内にストーブ。ここで好きなもの炙って食べてられるらしいよ。



ストーブ号にこの日観て下さったお客様も乗っていらして、乗り換えの駅で「また来てねー!!」ってずっと手を振って下さったのがとてもとても嬉しかったです。うん、また行く!

短い滞在でしたが冬の喜多方、堪能しました。

喜多方発21世紀シアター実行委員のみなさん、女親分しのさん、ありがとうございました!





バーバラマイムワークショップ3月日程と出演情報

2015年3月2日 - 8:06 PM by むらた

【バーバラマイムワークショップ】
3/17(火)14:00〜16:00
3/27(金)18:30〜20:30
原宿 CLUB PETU
渋谷区神宮前1-15-2 B1
参加費:2500円

【概要】
すぐ近くにあるのに、実はよく知らない自分のからだで遊ぶ二時間。
運動音痴、不器用、引っ込み思案、大歓迎。私もそうです。毎回その日のメンバーに合わせて進めてゆきますのでご安心下さい。
スローモーションやストップモーション、人形振りや壁など、基本的なマイムテクニックを通じてそれぞれの体や動きにアプローチしてゆきます。

体ひとつで森羅万象・喜怒哀楽を表現したり、様々なキャラクターを演じ分けたり、時には時空をも越えてしまうマイムという表現方法。
私はそんなマイム表現に限りない可能性と魅力を感じています。
日々からだを動かしている人もそうでない人も、表現に携わる人もそうでない人も、それぞれのからだを自分のペースで探検してゆき、「こころ」と「からだ」の表現の可能性を発見するワークショップです。

どんな人にも美しい瞬間が、その人だけが持つからだのドラマがある。
それぞれに骨格の違い、筋肉の違いがある中で、それらをていねいに動かすことによって生じる劇的な瞬間。
それを掘り起こし、知り、感じることは少しだけ、生きてゆくための力を逞しくするのではないかと思っています。

一緒に遊びましょう。ご参加お待ちしております。

【出演】
⚫︎3/7(土)
浜松 イオン浜松
1階 シンフォニーコート13:00/15:00

⚫︎3/14(土)15(日)
熊本市
ARTPLEX大道芸
http://artplex.jp/information/daidogei/
*土曜は夜、日曜は昼の開催です。

⚫︎3/17(木)夜
Miwa Rock 主宰バーレスクイベント
出演:ココ・フレイム、ルネ・グリッター、Mwa Rock、バーバラ村田
渋谷 The Guinguette by Moja
*バーバラ村田の出演は21:30を予定してます。

⚫︎3/21(土)昼
ソラマチ大道芸
https://www.facebook.com/solamachidaidougei
押上 スカイツリーのふもと

⚫︎3/22(日)昼
川崎 川崎シネマ大道芸
*川崎ラチッタデッラ周辺にて開催予定

どこかでお会い出来たら嬉しいです。